2020年10月21日

地協エリア内3行政へ「2021年度政策・制度要求と提言」申し入れを実施


 和海地協では毎年、連合本部・連合和歌山の方針の下、全ての労働者の生活改善と向上への取り組みとして、「政策・制度要求と提言」を策定しエリア内の各行政へ申し入れを行い、回答書を受領しています。

 本年は新型コロナウイルス感染症予防対策のため地協からの出席者は加藤議長、柳谷政策局長、堂前事務局長の3名とし、マスクや消毒、ソーシャルディスタンスなどの対策を取った上で実施しました。

 各市町への申し入れ実施日時及び出席者は下記のとおりです。申し入れ書提出のあと概要を説明し連合の政策実現への協力を仰ぎました。


<和歌山市>
 実施日時:2020年10月5日(月)11時〜
 場  所:和歌山市役所4階市長室
 出 席 者:和歌山市 尾花市長、細井産業交流局長、日裏市長公室参与、松村産業部長他3名

DSC_0950.JPG



<紀美野町>
 実施日時:2020年10月12日(月)11時半〜
 場  所:紀美野町役場町長室
 出 席 者:紀美野町 寺本町長、細峪総務課長

DSC_0954.JPG




<海南市>
 実施日時:2020年10月12日(月)13時半〜
 場  所:海南市役所5階会議室
 出 席 者:海南市 川村まちづくり部長、井口まちづくり部産業振興課長、
      廣まちづくり部産業振興課課長補佐

DSC_0970 海南市.jpg





2021年度政策概要.png



  
posted by 管理者 at 15:44| 活動報告

2020年09月09日

2020年度連合和歌山地方議員団(地協)との政策懇談会を開催


DSC_0950 議長.jpg



 8月28日(金)18時よりプラザホープ4階ホールにて、和海地協エリア内の和歌山県議会議員4名、和歌山市議会議員5名、地協幹事会役員14名にご出席いただき「2020年度連合和歌山地方議員団(地協)との政策懇談会」を開催しました。

 最初に改新クラブ代表の長坂隆司和歌山県議会議員、民主クラブ幹事長の山本忠相和歌山市議会議員よりそれぞれ政策・取組について報告を頂きました。その後、和海地協2021年度「政策・制度要求と提言」の概要説明を行い、連合の政策制度実現に向けての協力を仰ぎました。

 和海地協はこれからも連合和歌山地方議員団のみなさまと定期的に意思疎通を図り、和海地協の政策実現に向けての活動に取り組んで参ります。

 本年は新型コロナウイルス感染症予防に最大限配慮し開催させていただきました。
 ご不便な点もあったと思いますが、みなさまのご協力に感謝申し上げます。

DSC_0951 長坂県議.jpg  DSC_0960 山本市議.jpg

DSC_0971 政策局長.jpg

 
 
  
posted by 管理者 at 15:59| 活動報告

2020年04月16日

<お知らせ>第91回メーデー和歌山県中央集会について


<お知らせ>


 4月26日(日)和歌山城砂の丸広場での開催を予定していた「第91回メーデー和歌山県中央集会」は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け現地会場における式典ほか全てのイベント開催を見合わせます。

 メーデーの取り組みは「メーデー宣言(案)」の採択により「第91回メーデー和歌山県中央集会」の開催にかえることと致します。

 尚、メーデー宣言の採択は連合和歌山発行の機関誌に掲載し、構成組織に発信する事により採択とさせて頂きます。

   
 

 
posted by 管理者 at 10:39| その他

2020年03月05日

Action!36街宣活動を実施


IMG_5718.JPG



 3月4日(水)10時より「Action!36」車両街宣活動を実施しました。
 
 当日は一日中あいにくの雨でしたが、4産別から5名の動員をいただき、和海地協エリア(和歌山市・海南市・紀美野町)を朝から夕方まで街宣車で走り、地域のみなさまに時間外労働、休日労働に関する協定、いわゆる「36協定」の締結の重要性を広くアピールしました。


36ロゴマーク.png


36カード.png
    

  
 
posted by 管理者 at 16:05| 活動報告

2020年02月17日

全国一斉労働相談街頭行動を実施


2020.2脱雇用不安チラシ表.png



 2月13日(木)〜14日(金)、全国一斉集中労働相談ダイヤル「STOP!雇用不安〜辞めるしかない!?と悩んでいませんか〜」が実施されることを受け、和海地協では2月12日(水)JR海南駅周辺、JR和歌山駅周辺、南海和歌山市駅前にて幹事会役員を中心に合計24名が参加し、チラシ入りティッシュを配りながらPRを行いました。

 今回の労働相談ダイヤルは、労働契約の更新時期を迎える年度末に向けて、雇用不安をはじめ職場における悩みを抱えるすべての働くみなさまに対して、問題の課題解決、ワークルールや労働組合の必要性の周知などを目的に実施されました。また期間中は電話相談だけでなく連合本部による無料通信アプリ「LINE」による労働相談も行われました。

 雨の中での街頭行動、大変お疲れ様でした。


JR海南駅IMG_5490.JPG  JR和歌山駅DSC01764.JPG

南海和歌山市駅IMG_5498.JPG

2020.2脱雇用不安チラシ裏.png



   
posted by 管理者 at 11:36| 活動報告

2020年01月28日

和海地協「2020年新春の集い」を開催


DSC_0007.JPG


 1月17日(金)定期総会終了後、18時より華月殿にてご来賓22名、地協幹事会役員含め組合員100名が出席し、「2020年新春の集い」を開催しました。

 加藤新議長は和海地協代表挨拶で、昨年は選挙の年であったと振り返られ皆様のご協力に感謝を述べられました。
 そして本年度はまず、交渉本番を迎えている春季生活闘争において最大限の成果を勝ち取り、その上で次回衆議院選挙へ向けたご理解とご協力を依頼されました。
 和海地協は、連合和歌山組合員3万人のうち2万人が結集する中核地協でありその役割を果たしつつ、引き続き地域に根ざした、顔の見える連合運動に最大限取り組んで参りたいと挨拶されました。

 続いてご来賓代表挨拶を各行政・団体の方々より頂戴しました。連合和歌山池田会長は、連合和歌山が昨年末30周年を迎えたこと、次の衆議院選挙では岸本周平議員の当選に向けて一致団結をお願いしたいなどと話されました。

DSC_0011.JPG  DSC_0014.JPG

DSC_0016.JPG  DSC_0019.JPG

DSC_0021.JPG  DSC_0025.JPG

DSC_0028.JPG  DSC_0030.JPG

 その後、安川副議長が和歌山・海南地域産の「地酒で乾杯」を発声され、和やかな歓談・交流が始まりました。
 会の終盤では小上事務局次長以下、幹事会役員による恒例の福引き抽選会で大いに盛り上がりました。
 賞品は和海地協エリアの特産品で揃え、下津蔵出しみかんや紀美野町生石加工グループの手作りジャムなどが当選した参加者に手渡されました。

DSC_0036.JPG  DSC_0056.JPG

 本年も地域に根ざした地協活動へのご支援・ご協力を宜しくお願い致します。


posted by 管理者 at 12:07| 活動報告

和海地協「第7回定期総会」を開催


DSC_0954.JPG


 2020年1月17日(金)16時よりルミエール華月殿にて「第7回定期総会」を開催しました。来賓に池田連合和歌山会長をお招きし、代議員34名、執行部23名が出席しました。

DSC_0958.JPG  DSC_0967.JPG

 柳谷副議長の司会進行で議長団に自治労的場代議員と基幹労連竹田代議員が選出され、各種総会委員の任命・選出後、議長団より総会成立が宣言されました。

 議長挨拶で野口議長は、地協活動に対するご協力への感謝を述べられるとともに、本総会で退任となるが今後も地協活動に協力していくと話されました。来賓の池田会長は昨年11月連合和歌山第17期がスタートした、引き続き連合運動にご支援・ご協力をお願いしたいなどと挨拶されました。

DSC_0976.JPG  DSC_0978.JPG

DSC_0981.JPG  DSC_0984.JPG

 祝電・メッセージが披露された後、運営委員会報告、一般活動報告、決算報告、会計報告の承認、今後2年間の活動方針案・予算案が満場一致で可決されました。続いて第6期役員が選出されると、新役員を代表して加藤新議長は今までの取り組みを継続、これからも地域に顔の見える地協活動を展開していくと述べられました。

 その後私鉄総連西川代議員による総会宣言確認、総会役員の解任と議長団降壇挨拶、鈴木副議長の閉会挨拶が行われ、加藤新議長による団結ガンバロウで第7回定期総会を閉会しました。

DSC_0988.JPG  DSC_0989.JPG

DSC_0995.JPG  DSC_0998.JPG
  
DSC_0999.JPG

 和海地協は、本総会にて採択された活動方針のもと、幹事会で検討を重ねた上で様々な地協活動を展開してまいります。今年度もより一層のご支援・ご協力をお願い致します。


  

posted by 管理者 at 12:07| 活動報告

2019年12月24日

和歌山市政策学習会・政策懇談会を開催


DSC_0903.JPG



 12月18日(水)18時よりダイワロイネットホテル和歌山にて、「2019年度和歌山市政策学習会・政策懇談会」を開催しました。

 和歌山市・和歌山市職員労働組合・和海地協から合計28名が出席、政策懇談会には連合和歌山地方議員団から和歌山市議4名にも出席いただきました。

 「政策学習会」では「和歌山市 SDGs未来都市計画について」をテーマに和歌山市総務局企画部企画課藤井一成班長が講演されました。

 和歌山市は昨年「SDGs未来都市」に選定されましたが、これは「SDGsの理念に沿った取り組みを推進しようとする都市・地域の中から、特に経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通じて持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域」として選定されるものだそうです。

 和歌山市のSDGs未来都市計画は「持続可能な海社会を実現するリノベーション先進都市」と題し、2030年のあるべき姿として「世界が注目する都市機能と自然環境の最適調和都市」「リノベーション先進都市における域内経済好循環の実現」「海をはじめとする豊かな自然に触れられる快適なまち」など5項目を掲げ、特に高齢化がすすんでいる加太や雑賀崎などの漁村エリア、本町などのまちなかエリアを活性化するなど、SDGsの理念に沿った様々な取り組みを展開していくとお話いただきました。

 続く「政策懇談会」では尾花和歌山市長、連合和歌山地方議員団の和歌山市議の方々に出席していただき、10月に申し入れを行っていた「2020年度政策・制度要求と提言」の回答書を受領、和歌山市の政策について様々な意見交換を行いました。

 
DSC_0867.JPG  DSC_0869.JPG

DSC_0877.JPG  DSC_0884.JPG








 
 
posted by 管理者 at 13:25| 活動報告

2019年12月23日

海南市政策学習会・政策懇談会を開催


DSC_0830.JPG



 12月17日(火)17時40分より海南市民会館会議室にて、海南市、海南市職員組合、和海地協から合計24名が出席し、「2019年度海南市政策学習会・政策懇談会」を開催しました。

 政策学習会では、講師に海南市産業振興課長 井口和哉氏をお迎えし「下津蔵出しみかんシステム(日本農業遺産)」をテーマに、「下津蔵出しみかんシステム」が日本農業遺産に認定されるまでの取り組みや安全で豊かな暮らしを支える農業システムについて講演されました。

 今後の取り組みとしては、海南市内の小学校への出前講座、伝統的な石積技術の継承や蔵建設技術者の育成研修、新規就農者の確保として「みかん援農」の推進や様々なPR活動などを予定しているとのお話でした。

 続く政策懇談会では、神出政巳海南市長から野口宗宏和海地協議長へ「2020年度政策・制度要求と提言」の回答書が手渡された後、「安心安全な住まいと持続可能なまちづくりの推進」にかかる市民交流施設の新設などについて意見交換を行いました。


DSC_0838.JPG  DSC_0847.JPG
 
   
   
posted by 管理者 at 11:14| 活動報告